「チャットレディのお仕事に興味あるけど、男性のユーザーさんにガチ恋されない?」
「男性相手に色恋をかけちゃうと後々ストーカーとかにならない?」

ライブチャットのお仕事は、男性を相手にコミュニケーションを取るお仕事になりますが、そのユーザーとなる男性の性質上、すぐに恋されてしまうという側面もあります。
それゆえに頻繁に連絡がきたり、実際に会おうと言ってくる男性もあとを絶ちません。

こういった背景からか、チャットレディのお仕事をしたいと考えている女性は以下のように思われます。

「チャットレディのお仕事をしてみたいけど、ストーカーとかに粘着されるのは嫌だ」
「ストーカー対策についてしっかりと勉強をしてからお仕事を始めたい」

そこで今回この記事では、チャットレディのストーカー対策について徹底的に解説をしていきます。
「チャットレディのお仕事はしたいけどストーカー周りの話は真剣に知りたい」と思われている方、必見です。

チャットレディはストーカー被害に会いやすい?

結論から言うと、チャットレディのお仕事をしている女性はストーカー被害に会いやすい可能性は充分にあります。

しかし、キャバクラや風俗のように実際にあってお話をしたりサービスをするようなお仕事では無く、住んでいる地域も離れることが多いため、他の男性を相手にするお仕事と比較をすると、ストーカー被害に合う可能性は低いです。

ただ、チャットレディのお仕事と言えど、男性を相手にするお仕事であればしっかりとストーカー対策はするべきでしょう。
実際にチャットレディさんでストーカー被害に会った方もいらっしゃいますので、対策は充分に行いましょう。

チャットレディのストーカー対策3選

ここからは、実際にストーカー対策について解説をしていきます。
チャットレディのストーカー対策は以下の通りです。

  • 絶対に連絡先を交換しない
  • 個人情報を伝えない
  • SNSの投稿に気をつける

絶対に連絡先を交換しない

連絡先を交換しないこと、これはチャットレディさんであれば誰もが守らなければならないルールです。
ストーカー被害に会ってしまった方は例外無く、お客さまと連絡先を交換してしまっています。

お客さんからは様々な言い方で誘われることも多いでしょう。
例えば…

  • 直接会ってくれたらお金を上げるよ
  • 連絡先交換してくれたらプレゼントをあげる

などなど、直接連絡を取る方法を考えて、実際に伝えてくることはたくさんあります。
実際、「今よりもたくさんお金が貰えるなら…」と会ってしまうチャットレディさんも中にはいらっしゃり、こういったことからストーカーの被害者になってしまうのです。

こういったストーカー被害を防ぐためにも、必ずユーザーさんと連絡先を交換するのは辞めましょう。
どんなに魅力的な言葉で誘われたとしても、どれだけ他の女の子がユーザーさんと直接会っていい思いをしてそうでも、連絡先は絶対に交換しないようにしましょう。

個人情報を伝えない

連絡先を交換しない、という部分と似ていますが個人情報を伝えることも絶対NGです。
例えば、

  • 出身地
  • 実際の年齢
  • 今住んでいる場所
  • 最寄り駅の情報
  • 最近行った場所

などなど、あなたが発する情報はあなたを特定する情報の材料になります。
そのため、ユーザーさんには必ず嘘をつくことをおすすめします。

また、そういったあなた個人の情報を聞き出そうとしてきた場合には、話題を変えるなどしてついつい喋ってしまわないような対応が必要です。

SNSの投稿に注意する

近年だと、SNSの投稿にも注意が必要です。
チャットレディさんのSNS活用は主に、私生活用とお仕事用に用意されることが多いかと思いますが、特に注意が必要なのは、お仕事用のSNSです。

お仕事用のSNSでは以下の部分に注意を払いましょう。

  • 位置情報
  • 投稿している写真
  • 投稿する内容

これらすべての情報があなたを特定する情報に繋がりますので、位置情報はOFFに、投稿する写真で場所がわからないようにするなどの対策をしましょう。

ストーカーになりやすいお客さんの特徴とは?

ストーカーになりやすいユーザーさんの特徴をご紹介します。

  • 恋愛経験が少ない
  • プレゼントが多い
  • 連絡がしつこい
  • 他のユーザーさんと被るのを嫌がる

それぞれご説明していきます。

恋愛経験が少ない

若い頃に恋愛経験があまりなかった男性はストーカーになりやすい傾向にあります。

理由としては恋愛の経験が無いばかりに、女性から「好き」とか「あなただけ」と言われると本気でそう思ってしまうからです。

チャットレディさんで色恋的な営業方法で常連さんを獲得している人は要注意が必要です。

プレゼントが多い

プレゼントが多いユーザーさんは比較的ストーカー体質になりやすい傾向にあります。

恋愛経験が少ないユーザーさんと比較的似ているのですが、プレゼントで女性を動かそうとしているユーザーさんはプレゼントという形でしか表現をする方法を持ち合わせていません。

しかし、そのプレゼントの攻撃もお金があるうちは良いですが、だんだんとお金も少なくなってきてしまうので、ゆくゆくは見返りを求めるようになってきます。

そのため、プレゼントを貰えることは良いことですが、そういったユーザーさんとのコミュニケーションには注意をしましょう。

連絡がしつこい

他のユーザーさんと被るのを嫌がる

実際にストーカー被害に会った時の対処法

  • 警察に相談をする
  • 防犯グッズを持ち歩く
  • なるべく1人にならない
  • 事務所の人に協力してもらう

まとめ

 

ストーカー被害にあうか?

体験談

ストーカー被害に合わないためにする対策方法