「高収入のお仕事を探しているけどチャットレディとキャバクラで迷っている」
「チャットレディとキャバクラを比較してどっちが良いか知りたい」

チャットレディとキャバクラ、どちらも高収入のお仕事として有名で男性とお話をするという点では同じですが、実際にする業務には結構な差があります。

お金を稼ぐという目的でお仕事を探していると、どちらが良いか迷うこともあると思います。

そこで今回この記事では、チャットレディとキャバクラどっちで働けば良いの?という疑問に様々な視点から比較をしていきます。

チャットレディとキャバクラについて迷っている方、必見です。

チャットレディとキャバクラは向き不向きが分かれるお仕事

チャットレディとキャバクラのお仕事は男性のお客さんを相手にするお仕事という点では似ているお仕事になりますが、正直業務自体にはかなり差があるので非常に向き不向きが分かれるお仕事です。

ここでは結論としてチャットレディに向いている人とキャバクラに向いている人を簡単にまとめてみました。

チャットレディのお仕事にすべき人の特徴

チャットレディのお仕事にすべき人の特徴は以下の通りです。

  • ワイワイとしている陽キャの人が苦手な人
  • 1人でもくもくと働くのが合っている人
  • 歩合制で頑張れる人
  • 在宅で1人で働きたい人

後述するキャバクラのお仕事にすべき人よりも、上記のチャットレディのお仕事にすべき人の特徴のほうが多く当てはまる人はチャットレディのお仕事が向いています。

キャバクラのお仕事に向いている人

キャバクラのお仕事にすべき人の特徴は以下の通りです。

  • 陰キャよりも陽キャの男性を相手にするほうが楽しい
  • お酒が好きでたくさん飲める
  • 時給制で安定して働きたい
  • ルックスをバッチリキメて働きたい

上述したチャットレディのお仕事にすべき人の特徴よりも、キャバクラのお仕事にすべき人の特徴に当てはまる方はキャバクラのお仕事のほうが向いています。

チャットレディのお仕事の特徴

チャットレディとキャバクラを比較するために、まずはキャバクラと比較した時のチャットレディの特徴について解説をします。
キャバクラと比較をした時のチャットレディの特徴は以下の通りです。

  • お給料システムは歩合制
  • お客さんは陽キャよりは陰キャ
  • お酒は全く飲む必要がない
  • 在宅で働くことができる
  • アダルトジャンルは脱ぐことも必要になる

それぞれ解説をしていきます。

お給料システムは歩合制

チャットレディのお給料システムは基本的には歩合制です。
つまり、頑張れば頑張るほどお金が貰えるシステムですが、逆に頑張れないとなかなかお金を稼ぐことが難しいお給料システムとも言えます。

チャットレディはネットでの接客がメインとなるので、複数のお客さんを同時に相手することも可能です。
そのため、人気の女の子は同時に10人のお客さんを相手にすることもあります。

そういった人気の女の子は、月にOLの年収以上を簡単に稼ぐことができており、まさにチャットレディドリームです。

頑張れば頑張るだけお給料という形でついてくるので、お給料貰えるお給料に不満を持つ方もあまりいません。

ただ、歩合制のデメリットはお客さんがつかないとなかなか稼げないので、お客さまに気に入られる努力は必要です。

お客さんは陽キャよりは陰キャ

ライブチャットに来るお客さんは、一般的に言われているキャラクターで言うと陰キャよりの男性が多いです。

イメージとしては、女の子は好きなんだけれどもキャバクラや風俗のように実際にあって接客されると気を使って楽しめないというような男性です。

こういった男性は実際に会ってお話をするよりも、ネット越しにお話をするのが好きなようでこういったお客さまがライブチャットのメインのユーザーさんになります。

またこういった男性は、ギャルというよりかは清楚系の女の子を好む傾向にあるので、オタクっぽい男性に好かれやすいという女性はチャットレディがおすすめです。

お酒は全く飲む必要がない

チャットレディのお仕事は、キャバクラのお仕事のようにお酒を飲む必要が全く有りません。

逆にキャバクラのお仕事は必ずお酒を飲む必要制が出てきてしまいますので、どうしてもお酒が飲めないという女性はチャットレディのお仕事をおすすめします。

在宅で働くことができる

チャットレディのお仕事はインターネット上だけで完結するお仕事なので、外に出る必要はありません。

キャバクラでも働ける女の子でも、そとに出る必要が無いという理由で、チャットレディを選ぶ方も結構いらっしゃいます。

また、体調の関係で外にでることが厳しい人にも、在宅で稼げるチャットレディはとてもおすすめなお仕事です。

アダルトジャンルは脱ぐことも必要になる

チャットレディのお仕事でキャバ嬢さん以上に稼いでいる人は、基本的にはアダルトジャンルで活躍されています。
例外の女の子もいらっしゃいますが、アダルトの方が単価も高いのでどうしてもアダルトジャンルの女の子が稼いでいます。

そのため、キャバクラ以上に稼ぎたい!と思っている女の子は最低限胸までは出す必要も出てくるため、そういったアダルト対応が難しい方はキャバクラをおすすめいたします。

キャバクラのお仕事の特徴

続いて、チャットレディのお仕事と比較した際のキャバクラのお仕事の特徴について解説します。

  • お給料システムは時給+バックシステム
  • お客さんは陰キャよりは陽キャ
  • お酒を飲む必要がある
  • 職場まで行ってお仕事をする必要がある
  • エッチなことをする必要はない

それぞれ解説をしていきます。

お給料システムは時給+バックシステム

キャバクラのお仕事は時給+バックというシステムが一般的です。
キャバクラの時給は働いているエリアでまちまちですが、東京という都会だと大体3,000円~という形が基本です。

また、キャバクラにはバックシステムというものがあり、いわゆる時給にプラスして貰えるお給料のことを指します。
例えば、シャンパンを下ろしてもらった際にお給料に+2,000円されるというようなイメージです。

時給という安定性がありつつも、バックシステムで稼げる仕組みのため一見キャバクラのほうが良さそうに思えますが、お客さんから高額の注文を得ることは至難の業です。

キャバクラで働いているキャバ嬢さんは基本的に時給で稼いでいる女の子が多く、その時給を維持するためにノルマを守るような努力をしています。

チャットレディと比較すると安定しているように思えますが、時給を維持するための営業活動など高ストレスにさらされているため一概にキャバクラのほうが良いとは言い切れません。

お客さんは陰キャよりは陽キャ

キャバクラのお客さんはチャットレディのお客さんとは違い、かなり陽キャの人が多いです。

中には派手派手のお客さまや、同業のお客さまがいらっしゃることも多く、結構ギラギラとしている世界です。

売れているキャバ嬢さんは基本的に陽キャの人に対する接客が得意な方で、陽キャが苦手な女性はなかなか苦戦しているイメージです。

そのため、キャバクラをおすすめ出来る人は陽キャでも接客が出来るコミュニケーション能力がある方です。

お酒を飲む必要がある

キャバクラの主な収入源は、お酒の注文です。
そのため、必要最低限のお酒は飲む必要があります。

どうしてもお酒を飲むことが難しいという女性はキャバクラよりもチャットレディのお仕事をすることをおすすめいたします。

職場まで行ってお仕事をする必要がある

当たり前の話ですが、キャバクラは職場まで行ってお仕事をする必要があります。

身体が弱く、外出をすることが困難な女性にはキャバクラで働くことは難しいかと思いますので、チャットレディのお仕事をおすすめいたします。

エッチなことをする必要はない

チャットレディのアダルトジャンルとは違い、キャバクラではエッチなことをする必要はありません。

あくまで、お客さんと一緒にお酒を飲んで楽しむ場所になりますので、アダルト系の対応が難しいという場合にはキャバクラで働く方が良いでしょう。

キャバクラとチャットレディの比較

キャバクラとチャットレディの違いについて解説をしてきましたが、ここで一度まとめてみましょう。

 

チャットレディVSキャバクラ~まとめ~